レスポンシブ

2019年家計簿はバインダー方式で。

家計簿歴はなんだかんだで長い私ですが(かれこれ20年目か?)、家計簿の書き方は固定化できていますが、どれに書く?ということだけ、毎年変わってしまっています。

電車通勤だった時は持ち運びやすいように手帳タイプ?
家で書くことが多い時は、ノートやバインダー式?

など、その時の仕事の都合に合わせて変えていましたが、持ち歩ける家計簿にしても、持ち歩かないではないか!!

ということに至りまして・・2019年はバインダー式に戻すことにしました。

今回はそんな、家計簿について。です。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)




2019年家計簿はバインダー方式に決まり!

バインダー方式にするにあたって、過去に使っていたものを出してきました。ちょっと前に「づんの家計簿」に挑戦した時に使っていたものです。

よかった、断捨離してなくて(^_^;)

使っている家計簿セット

無印良品の普通のバインダーA5サイズです。
B5だったりA4サイズだったりもいいけど、A5サイズが好きなので(手帳として使っている、ほぼ日カズンもA5ですしね)家計簿もA5で。

たったこれだけでできるのは利点です^^家計簿にお金掛けるのはちょっと辛いので・・。

あとは、「家計簿に必ず必要なページ」を作っていくだけです。

家計簿スタート!

長年家計簿を書いていると、「家計簿たるもの、これを書くページがないと困る」というものが自分なりに確立していて、市販の家計簿では不満足なんです・・。

ここはすごく見やすいのに、いかん!このページがない・・など。

それなので、ノート式やバインダー式は、カスタマイズができる点がとってもいいです。

あくまで私目線なのでみんなが必要ではないかもしれませんが、私が家計簿に絶対必要だと思っているいくつかを紹介しながら、私流の書き方も載せちゃいます^^

カレンダーページを作る

これは絶対絶対、私は必要です。

カレンダーはマンスリー式が一番見やすいように思います。市販の家計簿にも、カレンダーが載っているものは多いと思いますが、必須な理由は

「引き落とし日を書いておきたいから」

これのみです。

例えば、学校からの引き落としで「〇〇日に給食代落ちます」というお知らせが来るんですが、兄妹別々にきたりすると、どっちがいくらだっけ??なんて、記憶に残らないこともあるので、案内がきたら即!家計簿のカレンダーへ記入するようにしています。

習い事の費用もしかり。ここで払わないと。という予定でもいいし、払ったよ。という内容でもいいので書きます。

習字の習い事で「次回、筆の代金をお願いします」という案内がきたら書いておいたり、付箋に書いてカレンダーへ貼っておいたり。使い方は自由ですが、役に立ちます。

手書きカレンダーでもいいですが、私は自分の字があまり好きではないので、無料ダウンロードのお世話になっています。

きちっとなんて切りません(笑)。ザクザクっと切って貼るのみ。

固定支出を書き出すページ

固定支出のベースとなるページです。

給料が夫と私、2人分揃ったら、引き落とし口座や先取り貯金へ振り分ける為に見るページであり、どんな支出があるか、このページを見れば分かるようにしておきます。

まだ空欄が多いのは、金額が確定されていないため。

10月が終わることには確定できるので、決まった金額から空白を埋めていきます。

手書きしつつ、埋まったら再度印刷して貼るつもりでいるので、それまでは「剥がせるテープのり」で仮止め状態で貼ってあるだけです。

10月終わりになったら仮止めのものと差し替え、しっかりとのりで貼る予定です。

少し可愛さを出すためにマステをペタペタ。
左上の「10月」のイラストは娘が描いてくれました^^イルカはシールだけど。

A5のフーズリーフを1枚使い、上半分が固定支出。
下半分がカレンダー。

これで1ページ目が終わりです。

生活費の項目

2ページ目です。

生活費のページ。

月の予算が7万円の我が家。⇩の写真の費目の合計で7万円です。

我が家は「週の予算」という予算はなく(以前は週1万。と決めてやってましたが)、ひと月の全体で見て7万以内を目標としてやっています。

予算が65,000円だった時もありましたが、ちょっと辛いので上げました。

・・とここで気づきましたが、一番右が1行足りませんでした!

一番右は月のまとめが入るのでこれも必要です。

そして下は適当な場所に横線を引いて、その下に生活費を書けるように準備しておきます。

どうでもいいかもしれませんが、私の区切り方はこうです。この間隔で引いたものを使ってみましたが、なかなかいい配分でした。

狭すぎでもなく、広すぎでもない。ちょっとしたことを書くのにもいい間隔かな?と。

あんまり細かく仕切ると、後から見返したときに「探している項目が探しづらい」となりかねないので ちょっと大きめに確保しています。

毎日の記録をする

このように書いています。

これはづんさんのやり方を参考にしています。

私の書き方は

  • 日付
  • 左端に店の名前
  • 費目
  • 金額
  • クレジット払いならオレンジ下線
  • WAON、Edy等は青下線
  • 一日が終わったら下線
  • カッコ内に1日の合計
  • 最終右下に月の総合計

としています。

次の日はその下へ同じように続けます。

例えば、ちょっとした備考的なものを書きたかったら、枠内に書いちゃいます。

「〇〇とランチ」だとか。

書いたり書かなかったりしますが、「振り返って見たときに欲しい情報かどうか」をポイントとしています。

「あれ?この外食ってなんだったっけ?」と自分が思いそうなら書いておくし、なんだったかな?と思わないだろうと予想するなら書きません。

毎日やることはとりあえずこれだけ。

とりあえずはこんな感じでしょうか。

もうすぐ9月が終わるので、待ちに待った「締め」作業がやってきますので、また記録しようと思います♪

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)




レクタングル広告(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする