レスポンシブ

知らなかった!スタバの上手な活用法。

息抜きってどうしてますか?

子育て中って(特に主婦は)子どもを置いて出かけるわけにもいかないし、外食だって自分だけ食べているわけにもいかず、いつでも子どもを気にしていないといけない・・。

たまに、平日の夜に夫に子どもをお願いして、独身時代の友達と会えるときもあるけど、それも半年に一度くらい・・。行かせてもらえるだけマシだけど、たまに自由が欲しい!!と思うことも正直あり・・・。

自由があったとしても、自由になるお金も特にないわけで、「節約だ!」「貯金だ!」「繰上返済だ!」と毎日毎日呪文のように唱えていると、お金だってない。自由な時間だってない。息が詰まる!!!と思ってしまうことって、普通にあると思うんですよね。

贅沢かもしれないけど、どうにかして息抜きしないと毎日働いていられない!!!
かといってあまりお金はかけたくない!!!

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)




スターバックスで息抜き♪

最近の息抜きは、スターバックス

もともと、夫も私もコーヒーが好きで、家でも相当コーヒーを飲みますし、イオンへ行けばイオンラウンジへ必ず行きます。

コーヒーは好きですか? 私は大好きで、朝はコーヒーメーカーで自動で淹れています。 夫もコーヒー大好き。 夫婦でブラック派で...

やっぱり外でコーヒーを飲むのが、一番リラックスできる♪

最近はスタバによく行くようになりました^^

スタバって、すごく高そうなイメージしませんか?(私だけ?)コーヒーを飲みたいなら他の喫茶店でよくない?と思うかも?しれませんが、そんなイメージを払拭してくれる制度がスタバにはありました!!

すでにご存知の方はごめんなさい。

( ̄ω ̄〃)

ワンモアコーヒーを活用して、安く済ませる!

スタバを利用する方ならご存知でしょうが、まったく知りませんでした!スタバのワンモアコーヒー(おかわりコーヒー)なるものを!!

ドリップコーヒーを注文すると、ワンモアコーヒー(おかわり)で同じサイズ(同等以下)のサイズを108円で提供してくれるというサービスなようです。

ただ、ウェブ登録が済んでいるスタバのカードで購入しないとダメなよう。

そして、これも知らなったんですが、ドリップコーヒーの注文と同時にワンモアコーヒーもオーダーできるというすご技!!!

ということは・・・私がドリップコーヒーを頼んで、同時にワンモアコーヒーを頼み、こちらを夫に飲んでもらえばいいってこと。反対でも、もちろんOK。

前スタバ行ったとき、それを知らなくて私がショートサイズのドリップコーヒー。夫がグランデサイズのドリップコーヒーを買ってしまった・・・。しまったぁ~~~!

実際にワンモアコーヒーを同時に頼んでみました。

店員さんに、「ワンモアコーヒーも同時でもいいんですか?」と恐る恐る聞いてみましたら、にこにこ笑顔で「もちろんです^^会計は二回に分けさせてください^^」

と・・。

優しい~~~!!!

誰だ、スコーンを頼んでいるのは!!(私と娘と半分こ)
ワンモアコーヒー欄には「使用済み」のハンコが!一瞬タツノオトシゴか?と思ったけど・・違いそう(;’∀’)

↓2回に分けてもらった、ワンモアコーヒーのレシート。

108円で提供してもらえています^^

グランデサイズのドリップコーヒー2杯で、468円ってことです、これは安い!私はステンレスボトルにコーヒーを入れてもらったので、「カップ値引き」とされ、20円引きの448円でした♪エコですね。

2杯で448円って相当安いと思います!!!

ザ・名古屋!なスタバカードを買って、ネットでチャージして使用しています(*’ー’)今回使ったステンレスボトルもお小遣いから購入^^

こういうタンブラーとかボトルにお金をかけてしまう・・。ちょっとした贅沢です。なくてもいいんだけど・・やっぱりあるとかわいくてついつい・・・。

一見高いイメージと、注文がしづらそうな敷居の高さから(サイズもSとかMとかじゃないから)、利用していなかったスタバですが、店員さんも親切で、本日のコーヒーの名前、「グアテマラなんとか」も上手に言えなくても(言えないのかい)ニコニコとオーダーを聞いてくれました。

私や夫は好きな本を読んだり、Wi-Fiもあるのでネットをしていたり、娘(息子は留守番がいいっていうけど)は手帳を開いて書き物にいそしんだり。
それぞれ、好きなことをして楽しんでいます^^

夏になったらフラペチーノが飲みたくなっちゃうかもしれないので、高くなってしまいそうですが、今はこんな風に利用しています♪

これも一応、「節約」になっているかな?^^満足感は高くて、他にお金を使わないので♪

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)




レクタングル広告(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする